バレー部報告

2020年度、最初の公式戦が高松で開催されました。昨年の秋季リーグで連勝がストップしたため、リベンジ目指して挑みました。コロナ禍の影響もあり、開催自体が危ぶまれましたが、無事に開催になりました。
しかし、結果は2位ということでリベンジは出来ずでした。リーグを通して痛感したのは、相手に負けたのではなく、自分に負けた。が率直な感想です。卒業を迎える4名は悔いの残る試合になったかもしれません。これで終われないという強い気持ちが全日本インカレ出場の道を開いてくれました。今後は周りの環境を整えながら練習に励みたいと思います。
コロナ禍で応援は、初日のみ申請制で許可されましたが、東雲の応援📣(但し、声出し禁止)はどの大学よりも大勢で力をもらいました。あわせて沢山の差し入れもいただきました。ありがとうございました😊
ミーティングもリモートで実施するなどコロナ対策に徹したリーグ戦となりました。